不動産は仲介業者がいて成り立つ

不動産取引は仲介業者がいてこそ成り立つものである。 これは確かに事実であるといえます。 不動産を売りたい、もしくは貸したいと思う人がいても、それを自分の力で宣伝して販売することができなければ、ただの宝の持ち腐れになってしまいます。 そこで不動産会社に紹介や宣伝を依頼すれば、たちまち多くの買い手や借り手を集めることができ、自分が所有する不動産で商売を行うことができるようになります。 また、不動産の買い手や借り手にとっても同じことです。 良い物件を買いたいまたは借りたいと思っていても、十分な情報が得られなければ理想の物件を探し当てることができません。 その点を不動産会社に依頼すれば、プロのノウハウで希望条件にマッチする物件を探してもらうことができます。 こうして、仲介業者は売り手にとっても買い手にとっても双方にメリットのある存在なのです。 まさしくこの点で、不動さんは仲介業者がいて成り立つ世界といえるでしょう。 ただし、不動産取引の全てにおいていつも仲介業者が必要とされているわけではありません。 物件によっては、売り手や貸し手が業者に仲介を依頼してないものもあります。 そのような物件については、家主と買い手が直接契約を行うことになり、業者はまったくの蚊帳の外に置かれることになります。 物件は業者を通して購入したり借りたりすることが常識になっているだけに、このような家主との直接契約というのは馴染みが薄いかもしれません。 しかし、これはこれでメリットのある方法でもあるのです。 というのは、業者に仲介を依頼しない不動産取引の場合、業者に支払う仲介手数料が要らなくなるのです。 この手数料が要らなくなるだけで、家主にとっても買い手にとっても経済的な負担が軽くなります。 こうした事情を考えて、家主によっては業者を通さずに物件を売るという人もいます。 ただし、買い手や借り手にとっては、業者を通すか通さないかを自分で決めることはできません。

自分で物件を探すことって難しい

不動産を選んで暮らし始めるときは、いろいろとお金が必要になるのモノだから、できれば節約したいですよね。 賃貸不動産で考えてみると、必要なお金は敷金と礼金、仲介手数料が必要になります。 敷金と礼金は大家に払うのが当たり前だから、自分で物件を探したら、仲介手数料はいらないって考える人も多いのではないでしょうか。 しかし賃貸物件を自分で探すのは、考えているよりも難しいです。

こちら・・・

トップへ